【1月17日 AFP】「雨傘革命(Umbrella Revolution)」と呼ばれた香港Hong Kong)の民主派によるデモの学生リーダーらが17日、新たな総統が選出された台湾との緊密化を図りたいとの意向を明らかにした。

 16日に行われた台湾総統選挙は、与党・国民党(KMT)の対中融和路線に有権者はノーを突き付け、蔡英文(Tsai Ing-wen)主席率いる最大野党・民進党(DPP)が圧勝した。

「台湾の主権の問題にせよ、香港の未来の問題にせよ、私たちは共にチャイナファクター(中国の要素)にさらされている」と雨傘革命の顔となった学生リーダー、ジョシュア・ウォン(Joshua Wong、黄之鋒)さん(19)は、台北Taipei)での記者会見で語った。2014年の香港の民主派デモでウォンさんらは行政長官選挙制度の完全民主化を求める抗議行動を行い、その結果、香港の一部の都市機能が停止する事態にまで発展した。

 香港は1997年に英国から中国に主権が返還されて以降、特別行政区として半自治権を有しているが、それが失われつつあるとの懸念が生じている。また次期行政長官選挙について本土の全国人民代表大会National Peoples Congress、全人代、国会に相当)常務委員会が立候補者を吟味する方針を明らかにしたことから、民主派による抗議行動が始まった。

 台湾は中国本土での国共内戦後、1949年に中国と分断し、以降、自治を維持してきた。しかし、中国政府は今も台湾を中国の一部とみなして再統治を目指している。(c)AFP