【1月19日 AFP】男子テニス、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)は18日、全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2016)の開幕を迎えたテニス界を揺るがす不正疑惑が浮上した件について、過去に八百長を持ち掛けられたと明かした。

 英国放送協会(BBC)と米ニュースサイト「バズフィード(Buzzfeed)」は、四大大会(グランドスラム)優勝者を含む16人のトップ50選手が、過去10年間で賭博シンジケートの八百長に繰り返し関与した疑いがあると伝えた。

 この報道を受け、男子プロテニス協会(ATP)は即座に、八百長を示すいかなる証拠も不正に関与した疑いのある選手の身元についても、もみ消したことはないと否定した。

 ジョコビッチはこの日、韓国のチュン・ヘヨン(Hyeon Chung)と対戦した全豪オープン1回戦の試合後、報道について一蹴したものの、2007年のサンクトペテルブルク・オープンSt.Petersburg Open 2007)の1回戦で、敗退することを持ち掛けられたと明かした。

 ジョコビッチは、メルボルンMelbourne)で報道陣に対し、「直接的な接触はなかった。当時、一緒に働いていた関係者を通じてアプローチされた」と明かした。

「もちろん、こちらは即座にその誘いを断った。話は僕のところまでこなかったし、話を持ち掛けようとしていた人物は、直接的には僕に接触してこなかった。それ以上のことは何もなかった」

「残念なことに、当時はうわさや不正に絡む話や人物がいて、対応が取られた」

「この6、7年は同じような話は何も聞いたことがない。個人的には直接接触されたことはないから、これ以上話すことは何もない」

(c)AFP/Robert SMITH