【1月19日 AFP】改装のため休業中のフランスの首都パリ(Paris)にある5つ星ホテル「リッツ・パリ(Ritz Paris)」で19日、火災が発生した。

 19日午前6時(日本時間同日午後2時)ごろの警報で消防車15台、消防隊員約60人が出動した。消防関係者によると、火は最上階と屋上で燃えているという。

 改装中だったためホテルには宿泊客はおらず死傷者は出ていないが、建物の「大部分」が被害を受けたという。消防隊は他の階や屋根部分への延焼を防ごうとしている。

 リッツ・パリはオペラ座(l'Opéra)に近い地区の中心部に位置しており、市内では上空に立ち上る煙が見られた。警察はツイッターで「大きな火災」だと報告しており、車両に周辺をう回するよう呼び掛けている。

 現在はエジプトの大富豪モハメド・アルファイド(Mohamed Al Fayed)氏が所有する4階建てのクラシカルな建物のホテルは、3年をかけて全館を改装中で、年内に再オープンする予定だった。

 リッツは、チャーリー・チャップリン(Charlie Chaplin)やココ・シャネルCoco Chanel)、アーネスト・ヘミングウェー(Ernest Hemingway)といったセレブリティが常宿としたことでも名高い。1997年には、自動車事故で亡くなる直前のダイアナ英元妃(Princess Diana)と交際相手のドディ・アルファイド(Dodi Fayed)氏が最後の夕食をとった。(c)AFP