So-net無料ブログ作成
検索選択

【全豪オープン】ジョコビッチが思考停止!「最悪の試合」 [スポーツ]

【1月25日 AFP】全豪オープンテニスAustralian Open Tennis Tournament 2016)は24日、男子シングルス4回戦が行われ、大会第1シードのノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)は100個のアンフォースドエラーを犯しながら、6-3、6-7、6-4、4-6、6-3で第14シードのジル・シモン(Gilles Simonフランス)を下した。これを「忘れるべき試合」と振り返るジョコビッチは、メルボルン(Melbourne)で9年連続のベスト8進出を決め、準々決勝では第7シードの錦織圭(Kei Nishikori)と対戦する。

 10度の四大大会(グランドスラム)制覇を誇る王者らしくないミスが続いたジョコビッチは、4時間32分の激闘を終えると、「今日、最悪の試合が経験できたことに満足している」とコメントした。

「試合に勝てたことはうれしいが、プレーに関して言えば、まったくダメだった」

「ジル・シモンはツアー屈指のカウンターパンチャーの一人だし、長い試合を得意としている」

「コート上で何が起こるかは予想できていたけど、こんなに多くアンフォースドエラーを犯すとは思っていなかった。僕にとっては忘れるべき試合だ」

 フォアハンドとバックハンド両方のミスが重なり、計100個に達したアンフォースドエラーについて、ジョコビッチは「100に近い数字を記録したことはなかったんじゃないかな。何度も言うようだけど、すべてが初めての出来事だったんだ」と話している。

■ドロップショット多用は「思考停止」

 グランドスラムで通算35回目のベスト8進出を果たしたジョコビッチだが、ドロップショットを多用しすぎたことについて「思考停止」に陥っていたと表現しており、実際にそのほとんどはネットにかかるか、シモンに追いつかれていた。

「こういう表現が正しいか分からないけど、思考停止に陥ることが誰にでもある。一連のドロップショットについては、それが原因だったと言える」

 錦織との準々決勝を前に、ジョコビッチは長時間の試合が影響することはないだろうと、周囲の不安を一蹴している。

「こういう状況は、前にも経験したことがある。グランドスラムの良いところは、中一日で十分に休めることだ」

「もっとひどいときには、長い試合の後、ほとんどリカバリーの時間がなかったこともある。だから絶対に大丈夫だ」

 グランドスラム27大会連続の準々決勝進出を決めたジョコビッチは、メジャー連続8強入り記録で、ジミー・コナーズ(Jimmy Connors)氏と並ぶツアー歴代2位に浮上している。(c)AFP/Robert SMITH

 
 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。