【2月2日 AFP】1日午後の米株式市場で、米グーグル(Google)の持ち株会社アルファベット(Alphabet)の株価が急騰し、時価総額が一時、米アップルApple)を抜いた。

 取引終了時の時価総額では、5347億ドル(64兆4000億円)だったアップルが、5301億ドル(約63兆8800億円)だったアルファベットを上回っていた。

 その後の時間外取引では、グリニッジ標準時(GMT)2日午前4時(日本時間同午後1時)前の時点で、アルファベットの株価が1株当たり791ドル(約9万5000円)の値を付けた。

 2日の米ナスダックNasdaq)開場時にこのままの状態が維持されていれば、アルファベットは時価総額で公式にアップルを抜き、世界最大の企業となる。

 1日にアルファベットが発表した2015年10~12月期決算では、純利益が前年同期比5%増の49億2000万ドル(約5930億円)となっ
た。背景はオンライン広告収入の好調で、とりわけホリデーシーズンに消費者がスマートフォンやタブレット端末を使って行った検索からの広告収入が大きかっ
たという。(c)AFP/Glenn CHAPMAN