So-net無料ブログ作成

ツイッター ブログトップ

ツイッター、政治家の削除ツイートへのアクセス遮断を解除!政治家は困惑 [ツイッター]

【1月1日 AFP】米マイクロブログのツイッター(Twitter)は12月31日、政治家が削除したツイートへのアクセスを再開していくと発表した。「公の議論にいっそうの透明性をもたらす」助けになるだろうとしている。

 ツイッターは2015年、政治家が削除したツイートを世界30か国で収集して公開しているウェブサイト「ポリットウップス(Politwoops)」から削除ツイートへのアクセスを遮断した。当時、ツイッターは政治家にも他のユーザーと同様に、考え直した後にツイートを削除する権利があると主張していたが、「公人に説明責任を果たさせる」という名目で方針転換した。

 ツイッターは今回、「ポリットウップス」を2010年に立ち上げたオープン・ステイト財団(Open State Foundation、本部:オランダ)ならびに米国の政治家を監視している「サンライト財団(Sunlight Foundation)」と合意に達したと発表した。この3者に加え、あらゆる人がオープンで安全なコミュニケーションを取れるようになることを目指している団体「アクセス・ナウ(Access Now)」が数回の協議を行った末に合意に達したという。

 オランダで始まった「ポリットウップス」の活動は世界30か国に広がり、政治家にとってはたびたび困惑の種となっている一方で、ジャーナリストには便利な情報源となっている。(c)AFP

 




出典 http://www.afpbb.com/articles/-/3071909?cx_part=topstory_2

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2015年ツイッター重大ニュースは2度のパリ襲撃事件など! [ツイッター]

【12月8日 AFP】交流サイト(SNS)の米ツイッター(Twitter)は7日、2015年のトレンドをまとめ、今年ツイッターで最も広く共有された重大ニュースは、1月と11月に仏パリ(Paris)で起きた連続襲撃事件だったとする分析結果を明らかにした。

 ツイッターが挙げた今年の重大ニュース上位10位のハッシュタグには、パリで1月に起きた風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)本社襲撃事件の際に広まった「#JeSuisCharlie」(私はシャルリー)や、先月のパリ同時テロ事件の際の「#PrayforParis」(パリに祈りを)が含まれている。

 一方、米国のミズーリ(Missouri)州ファーガソン(Ferguson)やメリーランド(Maryland)州ボルティモア(Baltimore)などで、警官が黒人を殺害する事件が相次いだことを受けて広まった「#BlackLivesMatter」(黒人の命も大切)というハッシュタグは社会運動を象徴するものとなり、社会的公正を求める人たちのスローガンとなった。

 ただし最もリツイートされた投稿は、英男性アイドルグループ「ワン・ダイレクション(One Direction)」からゼイン・マリク(Zayn Malik)さんが脱退した後、メンバーのハリー・スタイルズ(Harry Styles)さんがファンに感謝の気持ちを伝えたもので、72万6000回リツイートされ、74万4000人の「お気に入り」に登録された。

 また米最高裁が全米で同性婚を合法と認める判断を下した後にバラク・オバマ(Barack Obama)大統領が発信した「#LoveWins」(愛は勝つ)のハッシュタグの投稿も、約44万8000回リツイートされた。

 この他、ニュースのハッシュタグとして最も使われたのは「#jobs」(仕事)、「#Quran」(コーラン)、「#ISIS」(イスラム過激派
ISの別称)、テクノロジー分野では「#iPad」(アイパッド)、「#SoundCloud」(サウンドクラウド)、「#Android」(アンドロイ
ド)が上位に入った。(c)AFP

出典 http://www.afpbb.com/articles/-/3069468


 




 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ツイッター ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。